BBS:白い点+充血
BBS:白い点+充血

うちの金魚BBS飼育相談室7[0146:白い点+充血]
ページ:1-14 
1: 白い点+充血
01 : 名前:まる 投稿日:2007/04/09(月) 13:37:23
魚:明け二歳のピンポンパール
薬浴水槽:18リットル
水量:15リットル
塩0.3%程度
薬:グリーンFゴールド(粉)
水温:26度
エアレーション:有

症状と経過:トリートメント終盤になり、鰭と顔、ボディに幾つかの白い点が現れる。
真水に近付けている途中だったので塩を再度追加。
白い点が増える。しかし白点病のそれより大きい。
グリーンFリキッドを規定量投与。
白い点の増加が止まる。
翌日、白い点のまわりが充血しはじめる。
さらに翌日、鰭にも血が滲みはじめる。
換水し、塩+グリーンFゴールド(粉)に切替。
今朝、症状に変化なし。

呼吸はふつう。泳ぎもふつう。
エラもきれいです。
ピペットで浮遊する粘膜を吸い取ろうと、水槽内に入れると、餌と勘違いしてつつきにくるので、食欲も問題ないと思われます。

魚を買った店に問合せたところ、残りのコにも白い点状のものが出たが進行はしていないとのこと。
お店の方に薬をサービスしてもらった所です。
店の人も「なんだろう…」て考えこんでしまい「いろいろ調べてみますね」とのことでした。
何かの菌類のシストかと思いますが、調べても検討がつきません…
この症状に何か心当たりのあるかた、いらっしゃいますか?
(不足は後ほど補足します)

02 : 名前:まる 投稿日:2007/04/09(月) 20:39:30
(補足)
その白い点は、出始めのころはオランダにありがちなニキビのようでした。
導入のためのトリートメント中ということもあり、水質ストレスがかかっていたのは間違いないと思います。
水カビも疑いましたが綿状に広がる様子もありません。

今朝出掛ける時には元気(?普通)にしておりましたが、さきほど帰宅して見るや、そのコは残念ながら☆になってしまいました。しかしながら、このコのために原因をつきとめたいと思っております。
同時に薬浴していたコには症状はでていないものの、これから発症してしまう可能性も充分にありますので。

諸先輩がたの知恵と経験からのレスをお待ちしております。
もちろん決定的な助言ではなくても構いません。
情報をわけてください。

03 : 名前:まる 投稿日:2007/04/10(火) 00:18:56
亡くなった2尾のうち、もう1尾のエラ外部組織に粘膜状に白化したものがありました。
このコの直接の死因は窒息だと思われますが、血の滲みはないものの、白点状のものができていました。
ミクソボルスの可能性もありますよね?
ただ、ほかの症状と重ねてみるとギモンが多いです。
ほかにツリガネムシも疑いましたが、シストが小さすぎるし、グリーンFリキッドで悪化する始末・・・
謎なのです・・・
生き残った1尾はほんの少し鰭に白い濁りがありますが、それ以外の問題はなさそうです。
鰭の濁りが拡大しないよう様子を見ています。

04 : 名前:まる 投稿日:2007/04/11(水) 21:03:50
やはりレスつかないですね^^;

痒がらず、普通に泳いでいた点が最大の疑問となりました。

導入前のトリートメントによる水質変化に耐えきれず、免疫力が低下したところに、何等かの菌類が勢力を強め、粘膜系を破壊した。
そこから体表、鰭、鰓に何等かの菌類もしくは虫の類の微生物が寄生した。
寄生したものは、取り付くだけで金魚そのものの体力は奪わないため、普通に泳いでいることができた。
絶食していることもあり、免疫力は上がることなく、感染規模が鰓内部にまで進攻し、最終的には「呼吸不全による窒息」により、一生に幕を閉じた。

と、自己完結します。
とりもなすにも、金魚にとっての宇宙である水には、慎重すぎるくらいの慎重な取り扱いが大事ですよね。
「やってるつもり」で終わらないように心掛けようと思いました。
このコらには可哀相なことをしてしまいました。
残ってくれた一尾は、何としても守ろうと思います。

このスレッドを気にかけてくださった皆様、ありがとうございました^^

05 : 名前:藍 投稿日:2007/04/11(水) 22:49:33
>>04
こんにちは。
「何の病気だったか」は分からなくても、
「なぜそうなったのか」ということをご自身でそこまで深く考えられているなら、
これからの飼育に必ず生かせると思います。
安定した水をつくることは本当に大変だと自分もつくづく思いますが、
お互い頑張りましょう。

06 : 名前:まる 投稿日:2007/04/12(木) 08:13:58
>藍さん
ごぶさたです^^
その節はどうもw
お蔭様で本水槽はすこぶる好調です。

このコらには本水槽で泳がせてあげたかった…
トリートメント水槽がそのまま薬浴槽に変わっただけでしたから…
今思えばいきなり本水槽に入れてあげたほうがストレスの件だけを考えれば無事だったかも(もちろん怖いのでやりませんが^^;)

そういえば、前にここで話していた、例の彼女の金魚は無事に元気にしてるでしょうかね^^

お互い頑張りましょう♪

07 : 名前:藍 投稿日:2007/04/12(木) 14:05:38
>>06
今回は水づくりではなく水あわせの失敗でしたね。(>>04 を読み間違えてました)
失礼致しました。
先月こちらの掲示板にいらしてた方は、あれだけ金魚を大切になさっていたので、順調にいってると信じてます。

08 : 名前:朋 投稿日:2007/04/12(木) 22:48:31
まるさん、藍さんこんばんは。
その節は本当にありがとうございました。
あれ以来もここには頻繁に来させて頂いていて、今まるさんの書き込みをみつけました。
大変だったんですね(>_<)
辛いはずなのに、原因を見つけ勉強しようとしているまるさんは凄いと思います。
うちの子の事も気にかけて頂きありがとうございます。
マイペース君セッカチ君は、実はまだ相変わらずなんです;
一度真水に戻したのですが、2週間位でまた白濁が少し増えた為3/26から塩浴中です…でも元気です^^
ただ、マイペース君はやはり内臓疾患なのかなと思えてきました。
夜水面にいる時間が長い日は、大体が翌日の朝底にペタリ&空気カポン。
でも昼間は元気になります。
消化できない日はこうなってしまうのかなぁと思います。
食欲旺盛なので可哀想なのですが、餌を2粒とフィン4枚位で我慢させてしまっています。
(母がビオフェルミンを少量入れたお湯でふやかしているようで、最近は長い奮をしています。)
いつまでも完治の報告が出来ず申し訳ありません;
この先も心配が絶えず大変かもしれないですが、大切に育てていきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。
長々とすみません。

まるさん、元気出して下さいね(>_<)

09 : 名前:まる 投稿日:2007/04/13(金) 00:12:07
(=^▽^)ノ >朋さん

ご心配ありがとうございます♪
残されたピンポンのためにも、日々管理&勉強ですっ

朋さんちのコは、まだ完治にはいたってなかったようですねぇ

なんとも、お母さんの対応、ナイスですね^^

少量のエサも良いと思いますよっ

金魚たちには我々のエゴとは関係なく、幸せな気持ちで生きさせてあげたいですもんねっ

お互いがんばりましょうっ!

10 : 名前:ふうたろう 投稿日:2007/04/13(金) 23:26:43
お久しぶりです。

ピンポンは難しいですよね。症状と薬の効き方から想像しますと、ギロダクチルスか
ダクチロギルスの可能性はどうでしょうか?

11 : 名前:まる 投稿日:2007/04/14(土) 00:26:51
>ふうたろうさん
ありがとうございます^^
水温設定からみるとダクチロギルスの可能性でしょうか。
最期の「エラの白化や癒着」といった面では確かにそうかもしれせん。。
ウジ虫状の寄生物が見られなかったことと、魚の行動異常が見られなかったことで、疑問が残ります。。

恐らく、カンペキな免疫不全で、多数の病気が重なったのだと思いました。
自分が病気であることを感じるよりも早く病魔が巣喰い、召されたのだと思います。
なのでテンションダウンすることもないまま★になったのかなと。。
ふうたろうさんがおっしゃるようにギロダクorダクチロの可能性も当然に考えられますので、
残されたピンポンパールの様子に注視したいと思います。
↓1尾になってからも相変わらず元気にしています。このコは体表にも何も認められないので、念のためグリーンFゴールド&塩で養生しております。
  でもまだまだ安心は禁物ですね^^;
http://bbs.kingyo.info/mb/imgshow.cgi?file=1176477925-5.jpeg [source] [check]

12 : 名前:ふうたろう 投稿日:2007/04/14(土) 06:44:34
きれいな柄のピンポンですね^^。

病気に関しては、行動異常が見られないので、私のアイデアは違うかもし
れません。ただ、気になったのは、少し大きめの白点、その周りの充血、
グリーンFリキッドやグリーンFゴールド顆粒があまり効果が無かった点
です。ギロダクorダクチロの場合は、この可能性はありますし、また、
まだできそうなこととして、リフィッシュなどの寄生虫の薬を使うことが
あるかな、と思ったので書いてみました。

いろいろと書きましたが、アドバイスというよりは情報交換と思って
いただければ幸いです。写真の金魚、元気に育つといいですね。

13 : 名前:まる 投稿日:2007/04/22(日) 02:45:33
>判明

キロドネラ症(寄生) 適正な治療ができていなかったようです。。。

ご心配くださった皆様ありがとうございました。

14 : 名前:まる 投稿日:2007/04/22(日) 02:55:30
ただやはり運動低下がなかったのが不思議ですね^^;

残ったコは元気にしています。 ファイト♪


Ahhan!BBS -- HTML化ツール(Ver.0.61) by うちの金魚 --