ご利用方法(書き込む前に必ずお読みください)
※初めて相談される方へ
相談される前に「検索」を 使用して過去ログの検索及び、金魚データベースを参照してみてください。
金魚データベース病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)
解決する事も多いと思いますし、現状の把握ができると思います。できるだけ検索した上で相談してください。

KoMaDo   うちの金魚BBS : 金魚の品種  ■ Headline ■ HOME    
金魚の品種トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 [最新レス]

  朱文金愛好会

181: 名前:にが瓜投稿日:2007/01/01(月) 03:46:54 UID:none
>カメカメさん
始めまして。そして明けましておめでとうございます。

屋外飼育なんですね。ジャンボオランダもいたということは
結構大きな池なんでしょうね。
その後、ジャンボ君はどこへ行ったのですか?
ちょっと気になります。

182: 名前:nakamo投稿日:2007/01/01(月) 08:10:39 UID:none
あけましておめでとうございます。
我が家の朱文金は完全に冬眠中です。
更紗和金と一緒に屋外のトロ舟にいますが、水底で長い尾をゆらゆらさせています。
もう一匹の丸い桶にいる更紗和金も水底でじっとしています。
ロクリンだけはヒーターの入った水槽で元気です。
昨年はランチュウ2匹とロクリン1匹が私のミスで亡くなり、赤勝ち更紗和金の突然死がありました。
残ったのがトロ舟の朱文金と更紗和金、丸い桶の更紗和金、水槽のロクリンの4匹です。
今年も水質を追求して丁寧に飼育したいと思います。

183: 名前:カメカメ投稿日:2007/01/02(火) 10:09:20 UID:none
にが瓜さん
明けましておめでとうございます。
うちの屋外飼育の金魚達はホームセンターで売っているプラケースを5つ使い
飼育してます。ジャンボ君は違うケースに引越ししてもらいました。丹頂と青文魚と
一緒にしたかったのですがジャンボ君のほうが若干大きくてしかも2匹が女の子だったので
ジャンボ君も一人暮らししています。結構いろんな種類の金魚を飼育しているので大きさや形で
わけて飼育してます。

184: 名前:にが瓜投稿日:2007/01/03(水) 13:35:09 UID:none
>カメカメさん
プラケースで飼育なんですね。
ジャンボ君はどこかへ貰われていったのかと思いましたので、ほっとしました。
丁寧に飼育されていて金魚さんたちも幸せですね。

>nakamoさん
明けましておめでとうございます。
残った4匹のコたちの成長、私も影ながら応援させて頂きます。(と言っても何もできませんが。。)
頑張って下さいね☆

185: 名前:にが瓜投稿日:2007/02/12(月) 20:26:09 UID:none
あげます。
今年に入ってから、上部濾過の濾材に麦飯石を入れるようになりました。
環境破壊に加担してそうなどことなく後ろめたい気持で使ってますが、金魚が更に元気になってきた感じがします。
去年買ったチビが正面から見るとキャリコみたいに体高がでて(腹も出てきた)ビックリ!!
エサも大きいのを余裕で食べれるようになってきて、だんだん勢力拡大させてきてるような。。。

で、大きい方は体型が多少変わってきました。大人の体型にとも言うべきか、しかしヒレはどこまで伸びるんだろう。
尾びれはダラ〜ンとなってきて形がどうなってるのかよく分からなくなってきました。
大あくびをすると鯉のぼりの顔そっくり。
水槽、せめて90センチにしてあげたいなぁ。

186: 名前:nakamo投稿日:2007/04/28(土) 22:02:23 UID:none
「金魚の医食住」の川田先生によれば、ロクリンは苔を嫌うそうです。
我が家のロクリンは我が家に来てからちょうど一年ですが体調がすぐれません。
水替えは毎週しているのですが、最近は元気がありません。
先週など体表にシストが出来てしまい、水を8割交換しジクラウォーターを多量に投与し何とか消しました。
苔は一年以上つけたままです。
川田先生のおっしゃるとおり苔を嫌っているのかもしれないと思い、思い切って苔をきれいに掃除しました。
ロクリンをはじめて水槽の外に出して、苔を専用のたわしで落とし、汚水は何度か水を入れ替えてきれいになくしました。
水を張って、濾過バクテリアとジクラウォーターを入れ、ロクリンを戻しました。
最初は背びれが寝ていました。
しかし3時間後には目に見えて元気になりました。
私は冬眠明けに苔をつけたままの舟による水質悪化で2匹の和金を今年殺しています。
苔はとるべきなのだと思いました。
川田先生の言葉を借りれば、「苔の無いきれいな青水」がベストなのでしょう。
素人なので「苔の無いきれいな更水」が自分に出来る限度ですが。

187: 名前:nakamo投稿日:2007/04/28(土) 22:06:44 UID:none
すみません。ロクリンのところと間違えました。
ただ、我が家の金魚は水槽のロクリンと屋外の朱文金一匹ずつですので、朱文金も好きです。
2年経っていますので4歳だと思いますが、頭の赤が少しずつ肉瘤になってきています。
黒い色があまり無くて、赤と浅葱色がきれいな金魚です。

188: 名前:にが瓜投稿日:2007/05/01(火) 00:11:50 UID:none
久しぶりにスレが上がってるのでちょっとびっくりしました。
ロクリンは私も以前☆にしてしまいました。それ以来難しい金魚には手を出さないようにしてます(^^;

namamoさんの朱文金さんは4歳で頭に肉瑠ができてるなんてかっこいいですね。。
いつか私も屋外飼育をしてみたいです。

189: 名前:nakamo投稿日:2007/05/06(日) 03:38:14 UID:none
屋外飼育はとても不思議です。
36リットルの舟に4歳の朱文金一匹で止水飼育です。
午前中だけ陽の当たる軒下に舟はあります。
金網を張って鳥から守っています。
毎週水替えをして、苔もきれいにしますが、すぐ青水になります。
濾過器もありません。
ある意味何もしていないのですが、毎週の苔掃除と水替えだけで金魚は元気です。
濾過器なし、エアレーションなしで、金魚が元気なのが不思議です。
太陽光線による殺菌作用と、風による酸素補給が良いのでしょうか。
室内の水槽飼育で、エアレーションなし、濾過器なしならあっと言う間に水質悪化でしょう。
以前水槽の水替え後に濾過器のコンセントを入れ忘れたことがありました。
3時間後に気がついてコンセントを入れましたが、その3時間で水質は急激に悪化して、水が真っ白になっていました。
あっという間に悪玉のバクテリアが繁殖したのでしょう。
濾過器なしで青水が出来て、酸素リッチになる外の舟は不思議でなりません。
その一方、苔をつけっぱなしにしてエアレーションをやめた日陰の舟は急激に水質悪化し、金魚を殺してしまいました。
陽の当たる舟と陽の当たらない舟でこんなにも違うのでしょうか。
不思議でなりません。
今の陽の当たる舟は金魚も一匹ですし、偶然に水質が安定しているのかもしれません。
普通、水を外に出しっぱなしにしていれば、腐るものですよね。
なぜ金魚が一匹いるだけで、水は腐らないのでしょうか?

190: 名前:にが瓜投稿日:2007/05/10(木) 22:20:09 UID:none
なぜでしょう。
本当に不思議ですね。
実はウチのメイン水槽にいるコの調子が最近悪くて(といってもよく動き回るのですがカラムナリスにやられてまして赤班がなかなか消えないのです)
困ってるんですよね。
朱文金の稚魚がいるのですが、水槽へ投入後暫くしたら背びれが切れ白濁してきたので、慌てて以前の環境(透明ポリ容器・濾過器なし・アナカリス入り)へ入れてやりそのままにして午前中によく日差しの当たる場所に置いていたら、すっかり状態が良くなりました。
ですので、留め水飼育で外飼いする方がいいんじゃないかと最近考えます。
きっと体にちょうど良い青水と太陽光線の紫外線が魚体にいいのかなとシロウト考えですがそう思います。

水に関しては奥がとても深いので、てっとり早いのは水産試験場の方に聞くといいのかもしれません。(笑)
私には難しくて語る資格がないので。。。

191: 名前:エサ金の主投稿日:2007/05/11(金) 01:52:36 UID:none
水の中のバランスは本当に不思議ですね。
我が家の庭には手水鉢があって、雨水がたまったままほったらかしになっていることがあるのですが、このたまり水が悪臭を放ったことはないのです。
傷むどころか、野鳥が飲み水にし、うっかりするとボウフラが育つほど健全です。
陽射しや風の恩恵以外に、石に繁殖しているバクテリアも一役かっているのでしょう。
栄養分が乏しいのか、苔むすことはありません。
自然の力は偉大かつ繊細で、本当に不思議なものだと思います。

192: 名前:nakamo投稿日:2007/06/17(日) 07:01:04 UID:none
水槽で飼育していたロクリンがとうとう死んでしまいました。
一年以上元気でしたが、最近調子が悪くなりました。
空の水槽を眺めていて、久しぶりに埼玉県三郷の夢館に行こうと思いました。
今回は京成本線で高砂から金町線に乗って、金町から東武バスで行きました。
一年ぶりに行きましたが、相変わらず親切丁寧にいろいろ教えてもらいました。
常連さんがいましたが、販売主任の方が、こちらの水槽事情や希望を十分聞いてくれました。
鮒形の金魚を長生きさせたいというこちらの希望から販売主任の方は30分以上、池からたくさんの金魚を横見から見せてくれました。
結局、強い金魚ということで、明け二歳の朱文金二匹を選びました。
青が多くて、赤が頭に入る、色鮮やかな金魚です。
全部販売主任の方が何千匹から選んでいるのでここで購入する金魚は間違いありません。
満足して金魚を連れ帰り、水槽に入れました。
これで舟飼育の一匹と合わせて我が家の金魚は朱文金だけになりました。

193: 名前:にが瓜投稿日:2007/06/17(日) 13:26:11 UID:none
亡くなった金魚さんはお気の毒でした。
朱文金だけになりましたか。

それにしても、夢館さんでじっくり見定めた金魚さんの美貌を拝見したいくらいです。
これから楽しみですね♪

194: 名前:nakamo投稿日:2007/06/24(日) 06:19:43 UID:none
夢館から持ち帰った金魚は一週間経ちましたが元気です。
持ち帰ったときに葡萄色の目をした奇麗な金魚の背びれが寝ていて元気がありませんでした。
もう一匹の金魚は浅葱色の多い藍い金魚ですが、かなり強そうでした。
一旦は同じ水槽に入れましたが、藍い金魚は外の四歳の住む舟に移しました。
一週間後、葡萄色の目をした金魚の背びれも立ち、良く見ると、外の金魚と同じく鰭が長いので、藍い金魚を水槽で一匹飼育し、葡萄色の目の金魚は外で飼うことにしました。
早速二匹の住居を交換しました。
しばらくしてそっと見ると、外の四歳も同じ鰭の長い金魚のせいか、葡萄色の目をした金魚と仲良く泳いでいます。
以前、三尾和金といた時には、常に追いかけっこをしていましたが、今は朱文金同士、大きさは少し違っても、仲が良いようです。
一晩経つと藍い金魚も水槽に慣れてきました。
夏至に近い今の季節は朝の五時でも外は昼間のように明るくなっています。
室内の水槽も明るくなって、藍い朱文金もゆったりと泳ぎだしました。
夢館の朱文金は昨年出た金魚の品種を細分化した飼育書の中の変わり朱文金だと思います。
透明鱗の浅葱色の部分が多く、赤が肉瘤のような感じではっきりと地の色と分かれて模様として乗っています。
色もオレンジではなく紅というべき色です。
更紗で表現するならば白勝ちになるのでしょうか。
銀色の鱗も所々に煌き、絹の振袖を身にまとっているようです。

195: 名前:にが瓜投稿日:2007/07/09(月) 23:19:48 UID:none
namakoさん、お久しぶりです。
すっかり書き込みが遅くなりましたm(_ _)m
相変わらずステキな金魚さんのお話ですね。 葡萄色の朱文金さんにとても興味が湧いてきました。
そうですか〜。
細分化された金魚さんっぽいのですか。見てみたいなぁ。

196: 名前:nakamo投稿日:2007/07/14(土) 20:16:31 UID:none
水槽は水量は多いのですが、表面積が狭いので、朱文金はどうしても上下に泳ぐことになります。
そこで、思い切って先々週に水槽の朱文金も外の舟に移しました。
先週と今週末に水替えをしましたが、週に一回ですのでアオコは少し濃すぎますが、金魚たちは元気でした。
舟は36リットルのトロ舟(セメントを練る箱)です。
表面積は40cm×55cmです。
ここに10cm程度の朱文金が三匹になりました。
午前中だけ日の当たる軒下に、鳥除けの自家製の網を舟の上に載せて、設置してあります。
餌は週末に冷凍赤虫を2つだけですが、アオコを食べているせいか、それほど餌を欲しがりません。
空の水槽を眺めていて、金魚にとって屋外飼育に勝るものはないと思い、思い切って水槽をすべて処分することにしました。
近くの顔見知りの観賞魚店に電話して事情を話すと、水槽を引き取ってくれることになりました。
生体は夢館で買いますが、それ以外はすべてここで買っています。
店主の方は珍朱鱗で観賞魚フェアで優勝をしているほど金魚に詳しい方です。
「飼育をやめるのかい」と聞かれ、「外飼いだけにしようと思います」と答えると、笑って「そうだよね」と受けとめてくれました。
私は毎週水替えを春から秋までしますが、その際、テトラ金魚の水つくりとジクラとスドーの濾過バクテリアをおまじないとして水道水に入れてなるべく古水を残さないように交換しています。
水槽をやめると、濾過器やヒーターや色揚げ用の餌やエアポンプは使用しません。
観賞魚の販売店の方にとって、熱帯魚と違い器具にお金を使わない客になってしまい申し訳ないと思っています。
今までもそうでしたが、せめて冷凍赤虫や水質調整剤などはホームセンターで買わずに、この観賞魚店で必ず買おうと思っています。

197: 名前:まいるど青文投稿日:2007/07/15(日) 01:10:23 UID:none
最近チョット長モノに興味があり、飼(や)るンだったら朱文金かなぁ…とも考えてます。
キャリコ柄、キレイですよね。

日本鑑賞魚フェアの話しも出てますね、そういやリュウキン型やオランダ型、ランチュウ型は入賞経験があるものの、ワキン型ってまだ成果出せてないンだよなぁ、…と思ってみたり。
来年に向けて、良さげな朱文金を見つけて、育成してみたいですね。

198: 名前:にが瓜投稿日:2007/08/03(金) 22:38:00 UID:none
お久しぶりです。

>nakamoさん
書き込みを拝見するのがとても遅くなってしまいました。
外飼いだけにされたんですね。
やっぱりそうきましたか。頑張って下さい。
観賞魚の販売店さんに対するお気持はなんだかホロっときました。

>まいるどさん
長もの、その後いいコは見つかりましたでしょうか?
まいるどさんならまたすばらしい報告をいつか聞かせてくれると信じてます!
応援してます!

199: 名前:nakamo投稿日:2007/08/05(日) 18:11:42 UID:none
にが瓜さんありがとうございます。
外飼いの朱文金は健康そのものです。
平日は仕事の関係で世話を見れませんので週末に水替えとえさやりをします。
土曜日の朝、アオコでいっぱいになった水のなかで朱文金は元気に泳いでいます。
網で金魚を傷つけたくないのでバケツで3匹を水ごとすくいます。
それからトロ舟の水を全部捨てて、たわしで苔を落として、水道水を張ります。
「テトラ金魚の水つくり」と「ジクラ」と「濾過バクテリア」(あとの二つは不要かもしれません)を入れます。
できるだけ古水が混じらないようにしながらバケツの水ごと新しい水に金魚を戻します。
新しい水での朱文金は宝石のようにきれいです。
頻繁な水替えは良くないと飼育書には書かれています。
しかし毎週水替えをしているので金魚も慣れているような気がします。
それに土佐金やナンキンといった飼育が難しい品種でも頻繁に水替えをして水質管理をしているようです。
水替えをし過ぎると金魚が体調を崩すというのは室内での濾過バクテリアを維持して飼育する場合のことではないでしょうか。
水槽飼育と外飼いでは、水の管理はだいぶ違うような気がします。
水替えにより水質維持をする外飼いの場合、濾過バクテリアに全く依存していないような気がします。
以前、東南アジアの小型熱帯魚のファームでの飼育方法として、水替えだけによる水質維持という記事を見たことがあります。
鯉のように大型魚の場合、頻繁に水替えができませんから、外飼いでも濾過器が必要なのかもしれません。
ところで、最近私は金魚相談室にも投稿しています。
現在、外飼いの質問に対して、自分の経験を書かせていただきました。
どの飼育書も、業者の方も、水槽飼育がメインです。
外飼いについての情報交換の場があっても良いなと思っています。
外飼いによる上見の鑑賞方法がもっと広がれば、金魚飼育の楽しさももっと広がり、金魚を楽しむ人がもっと多くなるような気がします。

200: 名前:にが瓜投稿日:2007/08/08(水) 20:03:51 UID:none
>>199
nakamoさんの書き込みは、いつも読み進みながらとても参考になるので、このスレ自体がとても貴重に思えます。
仰るとおり、飼育書は初心者を対象としているせいか外飼いの情報量は極端に少ないですね。
私の持っているものでも具体的な水質管理までの情報はありません。
外飼いについてはかつては色々と書き込まれていたような気がしますが、最近ではそうした古い方々の来訪が殆どないようで残念です。

自分が金魚の上見を楽しみながら育ったせいか、nakamoさんの書き込みを拝見する事をいつも楽しみにしています(^^)
これからも宜しくお願いします♪

201: 名前:nakamo投稿日:2007/08/25(土) 21:35:27 UID:none
これからも宜しくお願いいたします。
外飼いは金魚の健康面からも最良のものだと思っています。
家のトロ舟は朝方は木立の陰で日が当たりませんが、今の季節は10時から2時ぐらいまで直射日光があたります。
それでも午後の強い日差しは庇でさえぎられるためか水温が急激に上がることはありません。
正午ごろにそっとのぞくと縁に日陰があるにもかかわらず、金魚たちは直射日光の下で日に当たっています。
まるで、悪さをする水の常在菌を焼き殺しているかのようです。
鑑賞面からも、上見ですと青や赤はより濃く見え、白は日の光で輝いて雪のように見えます。
週に一度の水替えの際、金魚を外に出して、トロ舟そのものを洗います。
塩素を抜いた新水をトロ舟に張って金魚を戻すのですが、その時の3匹のトロ舟を泳ぐ姿を見ることが毎週の楽しみです。
いまさらながら朱文金はすばらしいと思います。
私は金魚が一番美しいのは健康な時だと思っています。
朱文金は頑強な種であり、いつでも健康な姿を見せてくれるからです。
外飼いでいつも背びれの立った朱文金を見ていると、水槽飼育には戻れません。
水槽飼育はどうしても4面を覆うわけにはいかない、鑑賞する人間の都合が優先された飼育方法です。
金魚のストレスを考えても、外飼い飼育に勝るものはありません。

202: 名前:にが瓜投稿日:2007/08/27(月) 03:57:35 UID:none
そうですよね〜
ごもっともです。
勿論、最良な方法であることは水槽飼育をされている方(私もそうですが)は承知の上ですよね。
お日様の威力には何も勝てませんよ。

でもどうしてしないのか?
正直なところ、誰もそれは責めることは出来ないと思います。
家族の理解や身体面、住宅事情などそれぞれですから。

nakamoさんは実現できたお一人ですので、お幸せです。
もし、私がnakamoさんのような状況だったら、水換えで金魚の姿を見るたびに
周りや自分の置かれている環境に対して感謝しまくりです。

203: 名前:nakamo投稿日:2007/09/02(日) 06:25:05 UID:none
水槽飼育も、飼育する方の愛情があれば、金魚にとって、外飼いよりも快適なものかもしれません。
アクアライフ紙上で3年前に水槽で金魚を飼うという記事があり、病気の発見には水槽の方が優れているので、金魚を長生きさせられると書かれていました。
ブリストル朱文金は横見鑑賞のヨーロッパの伝統が生んだすばらしい成果です。
最近の堀口琉金などのすばらしい金魚も、日本の横見文化の成果だと思います。
閉鎖するほんの少し前まで、横浜高島屋屋上の金魚売り場に時々行っていました。
ロクリンや30cm近い見事ならんちゅう、土佐金の親魚などを初めて見たのもここでした。
しかし一番感動したのは、120cmほどの横長の浅い水槽に、見事な琉金を一匹泳がせているのを見たときでした。
それまで、水槽には水草や岩などの装飾品が当然のように必要であると思ってしたが、琉金の水槽には、ストレス解消のためだけでしょうか、わずかな砂が撒かれているだけのベアタンクで、まるでディスカスの飼育水槽のようでした。
しかしその一匹の琉金の横見での更紗の美しさ、悠々とした泳ぎの存在感に圧倒されました。
江戸錦なども横見のほうが美しいでしょう。
雨の日や夜でも楽しめる水槽飼育も良いものだと思います。
私の場合、大きな水槽を家の中に置くことが出来ずに、小さな水槽で飼育をしていました。
ロクリンやらんちゅうなどを、水槽で飼育していましたが、それはそれでかわいらしく、夜家に帰ってから飽きずに眺めていたものでした。
水槽飼育の時から、水替えで水質維持をして、濾過バクテリアに頼らない飼育方法でした。
濾過バクテリアの作り方がよくわからないというのが正直なところです。
濾過バクテリアをうまく使用できるのであれば、キャリコ系の朱文金や江戸錦、ロクリンや琉金などの水槽飼育も魅力的だと思います。
いくつかの器具メーカーの宣伝で、金魚の水槽飼育はまるで観賞魚入門のような位置付けで、入門後は熱帯魚に進むというように見られているのは残念です。
ヨーロッパの水槽飼育文化でブリストル朱文金が生まれたように、本場の日本でも、水槽飼育での金魚文化が生まれて欲しいと思います。
更紗の琉金や和金が各種の品評会でよい成績を納めているのは、その胎動ではないでしょうか。

204: 名前:nakamo投稿日:2007/10/08(月) 17:25:40 UID:none
二週間前に突然寒くなり、外の舟の水温も低くなりましたが、いつもどおりに餌の冷凍赤虫をやってしまいました。
一時間経過しても餌が残っており、二時間ほどかけて食べきりました。
今年来た二匹は元気ですが、丸三年飼っている朱文金はその後泳ぎがふらつくようになりました。
今は水底でじっとしています。
慌てて調子の悪い朱文金を隔離し、舟の底のごみを吸い出して水を半分替えました。
残った明け二歳の金魚は元気です。
隔離した朱文金は20リットルほどの水槽に移し、一週間絶食させようと思います。
私は最近の水温の急激な変化による体調不良と判断しました。
四歳ひょっとすると五歳以上の金魚と若い金魚を一緒に飼育するのは難しいです。
歳をとると赤虫などは消化に良くないのかもしれません。
当面餌は人工飼料に変えようと思います。
私のこの判断はどうでしょうか。

205: 名前:にが瓜投稿日:2007/10/20(土) 11:02:55 UID:none
ひさし振りのうち金訪問となり、拝見するのが遅れましたが
その後金魚さんの調子はいかがですか?

1時間経過してもエサを残すと書き込まれていらっしゃいますが、本来30分経過して食べきれていないならばその時点で残りのエサを撤去する方がいいと思います。
今も水槽で様子を見られているのならば、外に移すのは来年の5月以降まで延ばし、暫くは水槽で一定の水温で様子を見られるといいのではないでしょうか。

206: 名前:にが瓜投稿日:2007/10/20(土) 11:05:02 UID:none
人工飼料は消化にいいのですが、30分水に浸して柔らかくした状態のものを与えるようにするともっといいと思います。

207: 名前:nakamo投稿日:2007/10/20(土) 15:05:43 UID:none
ふらついていた朱文金はその後、水底で動かなくなりました。
20リットル弱の水槽に移し、エアレーションをして一週間置きました。
一週間しても動きません。
最後と思いココア浴をしました。
二週間ぶりに糞をしましたが、背びれも寝ています。
しばらくすると横たわってしまいました。
餌は本当に控えめにあげなければと思いました。

208: 名前:にが瓜投稿日:2007/10/20(土) 17:25:23 UID:none
フンをしたのなら見込みあるのかもしれませんよ。
加温はされていらっしゃいますか?
少し暖かくするといいと思います。

209: 名前:nakamo投稿日:2007/10/20(土) 22:06:12 UID:none
にが瓜様。ご丁寧にありがとうございます。
横たわった朱文金は助かりませんでした。
いろいろと助言をいただき感謝いたします。
金魚は屋外の朱文金二匹だけになりました。
餌を少なく、定期的に水替えをして、長生きさせたいと思います。
今年の冬越えは成功させたいと思います。

210: 名前:にが瓜投稿日:2007/10/23(火) 09:54:14 UID:none
そうでしか・・・
残念でしたね。

越冬が成功するよう祈ってます。

sage:   
  名前: メール: (基本無指定、入れる場合は全角で)
  URL:
  本文: 質問の前にまず参照..病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)

金魚の品種トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 [最新レス]



管理者 しげ 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55 --
-- kingyo.info Ver.1.01 --