ご利用方法(書き込む前に必ずお読みください)
※初めて相談される方へ
相談される前に「検索」を 使用して過去ログの検索及び、金魚データベースを参照してみてください。
金魚データベース病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)
解決する事も多いと思いますし、現状の把握ができると思います。できるだけ検索した上で相談してください。

KoMaDo   うちの金魚BBS : 日記板  ■ Headline ■ HOME    
日記板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 [最新レス]

  エサ金の日常

721: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2013/05/13(月) 19:18:23 UID:mb/eI8Vjpns
昨秋から具合の悪かったらんちゅう、冬の最中に横倒しになり、そのまま越冬しましたが、昨日(もしかしたら一昨日)、とうとう彼岸に旅立ちました。


これで飼育魚は、

らんちゅう3尾
コメット1尾
朱文金1尾

になりました。

722: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2014/09/25(木) 13:54:21 UID:mb/eI8Vjpns
超久しぶりにこちらにも。

朱文金&コメット在中の睡蓮鉢についに限界が訪れまして。

この7月に、バクテリア繁殖用のセラミック濾材を投入、さらにエアレーション稼働と相成りました。

そうしたら、またしても微生物群に異常を発生させてしまいました。

前の時よりはましですけれども、仕切り直しになったことにはかわりはありません。

おそらく、水流の発生と溶存酸素の増加が、微生物のバランスを変えてしまうのだと思います。

そのバランスの変わりかたによっては、飼育環境の悪化に繋がってしまうこともあるのでしょう。

この時に飼い主にできることは、新しい環境に合わせて微生物たちがバランスを取り直すお手伝いをすることだと思います。

前回は濾過崩壊が激しく、微生物を速やかに定着させるために濾過器を投入しました。

今回は、元々鉢内部にびっしり生えていた苔の上に、薄茶色をしたバクテリアとおぼしきものが異常繁殖し、またカビ臭が酷かったので、まず苔もろともバクテリアを擦り落としました。

しかし、硝化作用そのものはダメージを受けておらず、飼育密度も前回より低いため、濾過器は設置せず、苔の再生を気長に待っているところです。

723: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2015/09/18(金) 13:46:10 UID:mb/eI8Vjpns
実録・カキガラの恐怖〜環境崩壊の危機〜


2015/7/25
朱文金&コメット在中睡蓮鉢のpHが5以下であることが判明。

「テトラテスト ペーハー トロピカル試薬」による結果
pH5(測定可能範囲下限値)

「ニッソー テストスティック4ミックス」による結果
pH6.2(測定可能範囲下限値)
アルカリ度:0mg/L
亜硝酸態窒素量:0mg/L
硝酸態窒素量:10mg/L2015/8/1〜2
睡蓮鉢の水換え前後、水換え翌日のpHを確かめ、変動の激しさに衝撃を受ける。

水換え前:5あるいはそれ以下
水換え後:6.5
水換え翌日:5あるいはそれ以下2015/9/12
水温が下がって来たので、アルカリ度を上昇させるべく、カキガラ1パック(25g。説明書の目安量の3分の1)を投入。2015/9/13
朝の給餌後、水質チェック。

テトラテスト ペーハー トロピカル試薬による結果
pH5(測定可能範囲下限値)

ニッソー テストスティック4ミックスによる結果
pH6.2(測定可能範囲下限値)
アルカリ度:0mg/L
亜硝酸態窒素量:0mg/L
硝酸態窒素量:5mg/L

金魚の挙動に異常なし。
水が少し黄ばんでいる。2015/9/14
午前8時40分頃
朱文金が着底し、動かない。
コメットも動きが鈍い。
すぐにカキガラを撤去し、水質チェック(出勤前で時間が取れず、試験紙のみ)。
前日と同様の結果。
アンモニアは手元に試験紙などがないため測れず。
水の黄ばみは変わらず。

同日午後8時半頃
急遽入手した試験紙で、アンモニア1mg/Lを検出。
3分の1量水換えを実施。2015/9/15
午前8時半頃
3分の1量水換えを実施。
金魚は調子を取り戻しつつあるもよう。2015/9/16
午前8時半頃
アンモニア検出せず。
その他の項目は
「ニッソー テストスティック4ミックス」による結果
pH6.6
アルカリ度:0mg/L
亜硝酸態窒素量:0mg/L
硝酸態窒素量:5mg/L

「テトラテスト ペーハー トロピカル試薬」による結果
pH7

pHが上がっているのは、弱アルカリ性の水で立て続けに水換えしたためと思われる。2015/9/17
午前8時半頃
餌を少しだけやってみる2015/9/18
午前8時半頃
アンモニア検出せず。
その他の項目は
「ニッソー テストスティック4ミックス」による結果
pH6.2か6.6か微妙な発色
アルカリ度:0mg/L
亜硝酸態窒素量:0mg/L
硝酸態窒素量:5mg/L

「テトラテスト ペーハー
<省略されました> [全文を見る]

sage:   
  名前: メール: (基本無指定、入れる場合は全角で)
  URL:
  本文: 質問の前にまず参照..病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)

日記板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 [最新レス]



管理者 しげ 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55 --
-- kingyo.info Ver.1.01 --