ご利用方法(書き込む前に必ずお読みください)
※初めて相談される方へ
相談される前に「検索」を 使用して過去ログの検索及び、金魚データベースを参照してみてください。
金魚データベース病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)
解決する事も多いと思いますし、現状の把握ができると思います。できるだけ検索した上で相談してください。

KoMaDo   うちの金魚BBS : 日記板  ■ Headline ■ HOME    
日記板トップへ ▼カッ飛び最後   全レスを表示
 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 [最新レス]

  エサ金の日常

31: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/16(木) 21:51:32 UID:none
和金が1匹急死しました。鰓蓋の白い「逆おてもやん」です。
朝の餌はバリバリ食べていたし、昼過ぎ出勤前に見た時も変わった様子はなかったのですが、午後4時頃家族がふと見ると死んで沈んでいたそうです。この夏いちばんの暑さでしたので、熱中症を起こしたのかもしれません。
まだ3歳、寿命を全うさせてやれなかったのが悔やまれてなりません。
今日は送り火です。あの世へ帰るたくさんの魂の中にはきっと金魚好きもいることでしょう。新参者を道案内してくれてたらいいな。

32: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/18(土) 20:20:11 UID:none
和金鉢が臭うので半分ほど水を換えました。死魚が出たのが水換えした日で亡骸の回収も早かったようだったのと、どうやら流行病ではなさそうなのとで換えていなかったのですが、やはり横着してはいけないようです。
死んだ魚には悪いのですが、2匹になったことで、エアを入れ忘れたり停電になったりした時に魚が酸欠死する危険は激減したと思います。10何年か前同じ鉢でやはり全長20センチ程度の和金を飼っていましたが、2匹であればエアはなくてもよかったと記憶しています。でも、バクテリアのほとんどが投げ込み濾過器のフィルターにいると思われる現在の状況では、エアも濾過器もない状態に戻すのはたぶん難しいでしょう。
ガラス蓋を使用することで必然的にエアレーションをすることになる室内飼育ではまた事情が違うでしょうが、屋外では、エアなし・濾過器なしで、バクテリアは砂利や苔に棲んでもらって、汚物処理と水換えをして、という原始的な飼育方法で維持できる範囲が、素人的適正尾数なのではないかと思います。

33: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/19(日) 20:28:17 UID:none
昼前に金魚を覗きにいくと、道具箱のらんちゅうたちが「もう、あかん」という顔をして底にうずくまっていました。水温は29℃で危険というほどではありませんでしたが、呼吸が荒く不規則でしたので簾の上に段ボールを乗せてみました。
すると次の瞬間、何事もなかったかのように泳ぎ出したではありませんか。水温は全く変わっていないのに完全な陰になったとたん復活するなんて、「仮病かいっ」とツッコミを入れそうになりました。
道具箱の簾は、編んであった紐が切れたのを自分で補修したので隙間がやや大きくなり、そこから漏れる太陽光が水面にまんべんなく射していました。それを遮ったとたんに元気を回復したということは、高めの水温よりも体にあたる陽射しそのものがつらかったようです。
水温ばかりを気にしていましたが、考えてみれば、陽射しが金魚の体に直接作用しないはずがありません。日陰は金魚の体を守るためのものでもあり、水温があがらなければそれでいいというものではなかったのです。

そして夕方、雷鳴と共にバケツをひっくり返したような夕立が。しかも、大粒の雹まじり&強風。雨が止んだ後、水温は3℃下がっていました。
ああ、なんてサバイバル…。

34: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/20(月) 23:02:01 UID:none
「民事訴訟裁判通達書」なるハガキが届きました。もちろん偽物です。ツッコミどころ満載の文面は次のとおり。

「今回、貴方に対する民事訴訟裁判の訴状が提出された事を通達致します。
貴方は回収業者及びお取引契約会社に対しての契約不履行につき原告側が提出した訴状を管轄裁判所が受理した事をご報告致します。下記の裁判取り下げ期日を過ぎますと改めて出廷命令通知が届きますので記載期日に出廷して頂くようお願い致します。こちら民法188条に基づいた財務省認可書となっておりますので出廷拒否されますと原告側の主張が全面的に受理され裁判後の処置と致しましては被告の給与及び、動産物、不動産物の差し押さえを執行官立会いのもと強制執行させて頂きます。また、履行執行官による[執行証書の交付]を承諾して頂くと同時に債権譲渡証明書を1通郵送させて頂きますのでご了承ください。尚、書面通達となりますので個人情報保護の為、詳しい詳細等は当職員までご連絡下さい。
※ご連絡なき場合には本書を勤務先等へ郵送させて頂きます。
裁判取り下げ期日 平成19年8月20日」

「やれるもんやったらやってみいな」とテレパシーで連絡しときました。

35: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/21(火) 20:19:31 UID:none
一昨日のものすごい夕立は雷も強烈だったのですが、なんと自宅のすぐ横の電柱に落ちていました。火事になったり死傷者が出たりはしなかったのですが、ご近所一帯でパソコン、テレビなどが壊れる被害が出ました。
雷がバリバリ鳴っていた頃、私はお風呂場のカビとりにいそしんでいて、はだしで濡れた浴槽の縁に乗って壁にとりついていたのですが、一瞬、静電気をとばした時ような刺激を感じました。「なんでこの湿った状態で静電気?」と不思議に思ったのですが、あれはもしや、落雷の余波が通電したのでしょうか。でも、それにしては刺激がなまやさしい気がしますし。いったいなんだったんでしょうねえ。

36: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/23(木) 22:38:43 UID:none
和金の1匹はもともと暴れん坊で、餌の時に他の2匹を追い回していました。それでも、1日中追いかけているわけでもないので、2年あまりそれなりに共存していました。
ところが、先日追いかけられる側の1匹が死んだことで、それまで2匹に分散していた暴れん坊の攻撃が残った1匹に向かうことになってしまいました。負けずにつつきかえし、しっかり餌をとってはいますが、ストレスが強まっているかもしれません。
ただでさえ狭い鉢をどうにかして仕切るか、危険を承知で大きさの近い魚をもう1匹入れるか、餌の時だけの格闘技ではあるので静観するか、どれが一番ましだろう…。
そんなことを思いつつ帰宅して暗いなか目を凝らして様子を窺うと、飼い主の悩みをよそに、2匹寄り添って寝ていました。はぁ、悩むだけ損だったかも(--;)

37: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/26(日) 00:16:48 UID:none
本日は水換え日。和金が2匹になったので中4日に戻すつもりだったのですが、泡がやや消えにくい感じになっているので中3日の今日換えました。
「泡の広がりが直径60センチを超えるようなら水質の悪化を疑ったほうがいい」とどこかで読んだ覚えがあるのですが、ちょっと手を抜くとすぐに大きな泡が鉢の縁まで広がる状態になってしまいます。水流の状態とか水深とかで目安は変わるだろうから自分の鉢にその数字があてはまるとは限らないとは思いつつも、泡が消えにくいとどうしても気になります。

38: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/26(日) 20:33:38 UID:none
暑い暑いと騒いでいても季節はちゃんと移っているようで、魚の住処はいちばん遅くまで陽のあたる和金鉢でも午後1時半過ぎにかげるようになりました。ちょっと前は午後3時頃まであたっていたのに、ずいぶん早くなりました。
この夏は太陽の威力を思い知りました。気が早いけれど、日除けについて思ったことのまとめです。

水温が危険でない範囲にとどまっていたとしても、日射病にかかる危険性はゼロではない。陽射しが強烈で猛暑となる季節には、「水面より大きい日除けを使う」「簾を二重にする」など、大きく濃い影をつくり、高水温からだけでなく陽射しそのものから魚を守る工夫が必要になることがある。「昼間は留守で時間帯によって日除けの位置を変えるのは無理」「水量が少ない」など、不利な条件がある場合は特に注意が必要。

39: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/08/27(月) 23:28:50 UID:none
最近情緒不安定です。こういうと「お前の情緒が安定していたためしがあるとでもいうのか」と四方八方から苦情が来そうですが、落ち着いている時とそうでない時はあるのでして。崖から小石がひとつふたつ落ちてくるだけのと、道まで崩れて川さえ埋める大規模な土砂崩れが起きるのとがあるようなもので。
今回は落石までは起こさずに済みそうですが、本格的土砂崩れまでいってしまうと後が難儀なんですよね。日常生活に支障を来すほどの大崩れで失ってしまった周囲からの信用は、自分が何ヶ月もかかってどうにか落ち着いても戻っては来ませんから。自分だってどうしようもなくなった状態の自分を覚えていますし。それでも世間の中で生きていかなくてはならないわけで。
本物の崖みたいにあらかじめ防護工事ができたらいいのですけどねえ。

40: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/06(木) 22:16:15 UID:none
濾過器の中にはいろいろと生物が湧くもので、微生物のコロニーも、ゼリー状のとか、網状のとか、粒々が繋がっているのとか、様々なものがあってけっこう面白いです。
汚泥が底砂利の中にもたまり始めたのは、マットが目詰まりしだしたということでしょうか。面白がってないでマット表面の粒々連結コロニーを洗い落とそうか、それとも、鉢内の汚泥総量は変わらないだろうからそのままにしておけば青水化しやすくなるだろうか、などとしょうもないことを考えています。
物理濾過能力が高すぎるのか、昨秋水作を投げ込んでからというもの、和金鉢には青水のあの字もありません。らんちゅう鉢が緑化していた頃、そこから種水をもらって入れてみましたが、まるで効果なしでした。青水化しなくても別に困ることはないですが、麗しいエメラルドグリーンの水じゃないというのは屋外飼育者としてはさびしいものがあります。

41: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/07(金) 21:43:12 UID:none
昨夜は風が強かったようで、汲み置いていた水にいろいろと細かいゴミが浮遊していました。
外飼いゆえ、飼育容器の中にはどんくさい虫だの毛虫のウンコだの普段からいろんなものが落ちてきます。いつぞやは防護網の上に婆様が湿布薬を捨て、しかもそれに気づかないうちに雨が降って、インドメタシン配合飼育水になってしまったこともありました。換え水にいつもより多くゴミが入ったくらい、どうということはありません。
ゴミを取り除いて使用しましたが、水換え前に新水のゴミすくいって、なんだか可笑しいです。

42: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/10(月) 23:15:53 UID:none
私の場合、餌選びのポイントは「低蛋白・低脂肪・低コスト」です。
何しろ水量に余裕がありませんのであまり大きくなってもらうと破綻をきたしますし、狭くて運動不足になりやすい環境で栄養価の高いものを食べさせるとメタボリックな魚になってしまいそうで不安だということもあります。
おかげでらんちゅうがらんちゅうとしてはスマートな体型になってしまいましたが、左右非対称な腹ゆえの浮力バランスの悪さは肥らせていないことでもしかしたら軽減されているかもしれません。
今日餌を買いに行きましたら、いつも使っているのがリニューアルされて「モロヘイヤ配合」になっていました。苔を飽きるほど食べていますので新鮮な野菜は足りているんですけど。

43: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/12(水) 23:23:37 UID:none
投げ込み濾過器を入れてもうすぐ1年になります。
入れたきっかけは生物濾過の崩壊でした。何が何にどう作用したのか詳しい因果関係はわかりませんが、魚の成長による酸素不足→エアレーション開始→砂利下にあった塵が水中へ散乱→苔が完全に消失→亜硝酸発生を確認、という順に物事は進みました。
濾過器を導入して、苔に代わる巣を用意するとともに水中に漂う微生物を含んだ塵を回収し、生物濾過を再建したのですが、崩壊前の順調だった頃と今とでは、生物濾過が成立していることは同じでも鉢内の様子はずいぶんと違います。
まず、苔が激減しました。消失する前は鉢全体に分厚く生えていたのに、消失から1年たった今も鉢の地肌が見える程度にしか付いていません。青水に至っては発生の気配もありません。また、汚泥もほとんどが濾過器内部に存在し、底砂利下に溜まるのはごく少量です。

>>44に続く

44: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/12(水) 23:34:37 UID:none
>>43の続き
まず、苔が激減しました。消失する前は鉢全体に分厚く生えていたのに、消失から1年たった今も鉢の地肌が見える程度にしか付いていません。青水に至っては発生の気配もありません。また、汚泥もほとんどが濾過器内部に存在し、底砂利下に溜まるのはごく少量です。
濾過器のない頃は鉢本体全体と底砂利に分散して存在していた微生物が、今は濾過器内部に集中して存在しているのでしょう。逆に考えれば、エアレーションの必要がないくらい余裕のある飼育尾数ならば、砂利と苔が生物濾過に必要なだけのバクテリアくらいは住まわせてくれるということでもあると思います。

45: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/13(木) 23:09:35 UID:none
ちゃんとメモをしておかなかったので、何日前に水を換えたのかわからなくなってしまいました。5日くらいは経っている気がするので、とりあえず今朝換えておきましたが。
朝夕涼しくなってずいぶんと水温も低くなり、このところ朝は21℃くらいです。

46: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/14(金) 22:18:45 UID:none
職場の冷房が止まりました。これで肩痛や冷えともおさらばです。全開にした窓から入る風が心地いい!
さわやかな風に乗って、昼間はミンミンゼミだのツクツクホウシだのの声がしつこくも聞こえ、日が暮れれば代わってコオロギの声が聞こえてきます。そして時折、風に舞う書類を取り押さえようとする人間の慌て声も。
プリンター兼コピー機が開け放しの非常口の脇にあるので、使う前にドアを閉めないとえらいめにあうのです。自動ホチキスなんかにしてようものならぐちゃぐちゃになって目もあてられません。
それでもやっぱり自然な涼風は気持ちいい!
寒くなるまでの期間限定な小さな幸せです。

47: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/16(日) 21:42:18 UID:none
ふと気付けば、金魚の住処に陽が当たるのが午前中だけになっていました。
季節が移るのは早いです。

48: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/18(火) 23:40:04 UID:none
今朝、らんちゅうに餌をやって元気な食べっぷりを見ていましたら、底の苔に何やら白いものを発見しました。うおっ!これはもしかして「カビ」ですかっ?それとも他の何か得体の知れないものですかっ?
昨日までそんなものがあったようにも思わないのですけど、いつの間に発生していたのやら。害のあるものだったらイヤなので、明日の朝にでも苔ごとこそげてみます。
なぜ処理するのが今朝でないのか。それは仕事に遅刻するから。なぜ今夜でないのか。それは暗いから。
外飼いの場合、専用の照明設備がなかったり、外灯や室内照明の光が届きにくかったりすると、夜に細かい作業をすることが難しくなることがあります。これに昼間家にいないという条件が重なると、翌朝までちゃんとした処置ができないこともあります。
うちがまさにそれで、例えば朝に大量産卵を発見した場合、休日でないかぎり、夜帰宅してから一応の水換えだけをし、翌朝改めて卵の処理と水換えをするということになります。
以上、「勤め人による外飼い」の、やってみてから知った弱点でした。

49: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/19(水) 01:03:59 UID:none
照明設備もそうですが、飼育本には載っていなくて飼ってみてから知った「必要な備品(設備)」または「備品の数」がけっこうあったように思います。
でも、たいていは考えればわかる範囲のことなので、自分のアホさを証明しているだけのことなのかもしれません。
ほんとに気がついていませんでした、バケツは「最大本水槽の全水量を換える作業ができるだけの数」が必要だなんて。
濾過器使用で塩素中和剤が液体なら、魚と砂利・濾材を避難させる分と水を捨て、汲む分+予備で済むと思います。たぶん。
濾過器を使っていなくて微生物を残すには塩素が入ったままの水を直接張るわけにいかず、塩素中和剤も溶けるのに時間がかかる粒状のカルキ抜きの場合だったら、本水槽の全水量が入る分+排水用+予備を用意することになります。
たったこれだけのことに無精卵を大量にぶちまけられるまで気が付かないというのは、エサ金の主がいかにものを考えずに飼い始めたかの証と思われます。

50: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/19(水) 20:42:29 UID:none
らんちゅう火鉢の底の白いもの、どうやって取ろうかな、そうだ、灰汁とりがいい。えいっ。
え?固い?
ちょっと触ってみよう。
え?すべすべ?

白いものの正体、それは「ゆう薬」でした。
この火鉢でらんちゅうを飼ってそろそろ丸2年、ずっと底全体が茶色だと思っていましたが、実際はところどころに薄水色のゆう薬がかかっていたんですね。ヘンなものじゃなくてよかったんですけど、思い込みというのはコワいものです。

51: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/23(日) 12:52:18 UID:none
大文字焼きの日に逝ってしまったうちの魚へ。
一升瓶なみにでかい更紗模様のコメットがそっちへ行ったので、見かけたら宜しく。

52: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/24(月) 14:07:42 UID:none
和金在中睡蓮鉢は水深が浅いので、魚が底砂利をつつこうと下を向くとおっぽが水面からはみ出ます。時には、付け根からまるまる水面上に出ていたりします。
その有り様を見るたび「八ツ墓村の祟りじゃー」と叫びたくなります。

http://bbs.kingyo.info/mb/imgjpg.php?image=data/1190609680-4.jpeg&w=240 [source]

53: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/25(火) 23:08:12 UID:none
外で金魚を飼っているとたいていは植物プランクトンが増殖して、水は緑色、容器は苔まみれ、という状態になります。ある程度の明るさがあれば水温が5℃ほどしかなくても存在し続けるこの植物プランクトン群は、硝酸塩処理部隊として役立ち、また四季を通じて金魚の食料にもなります。
私は、低水温期の無給餌・無換水は、この豊富な植物プランクトンの存在と余裕のある水量を前提として成り立っている飼育方法なのではないか、という疑問を持っています。違う言い方をすれば、この条件を満たさない飼育環境で同じ飼育方法を採用していいのだろうか、という疑問です。
豊富な植物プランクトン群や水量がなくても、食べなければ水の汚れも少ないのだから、硝酸塩の蓄積についてはあまり変わらないのかもしれません。でも、金魚の体力という方向から見た場合、流動食を冬中食べているのと何もないのとでは大きく違うのではないかと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

54: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/26(水) 22:11:17 UID:none
テレビで「インド式計算術」なるものを見ました。で、感想です。

あれを覚えとけるくらいやったらなんも苦労せえへんわーっ!<バシッ

暗算ではふた桁の数をふたつ足すこともできない原因が「十の位を足している間に一の位の計算結果を忘れてしまうほど記憶力がない」ことにある人間にインド式計算術を使えというのは、ミツユビナマケモノにタップダンスを踊れというようなもんです。はい。
インド式計算術を覚えて使いこなせるのは、たぶん、九九も因数分解の公式もちゃんと覚えておける、算数能力にも記憶力にも不自由していない人だけだろうと思いました。

55: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/27(木) 23:28:12 UID:none
調子の悪い時というのはしょうもないもので、しなくていい反応をしてしまいます。
大型ゴミを回収してもらえる大きさに壊している音で息が詰まりそうになったり、職場で自分には差し当たって関係のない業者間懇親会の日程を聞いて血の気がひいたり、テレビで海外旅行のプランを紹介しているのを見て不安になって動悸がしたり。
苦手なことがらに対して過敏になっているのでしょうが、自分に関係がないと判っていることにまで反応するので、我ながら付き合うのに疲れます。

「しっかりせんかいっ!喝っ!!」

56: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/28(金) 21:40:09 UID:none
明日朝の予想最低気温は19℃だそうです。
いきなり何っ!て感じです。

57: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/29(土) 20:07:49 UID:none
いきなり秋ですよ。昨日と気温が10℃くらい違う気がします。半袖ではいられなくて長袖を引っ張り出しました。
でも金魚の住処の水温は気温ほど下がらなくて、昨日の朝より少し低い20℃そこそこでした。

58: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/09/30(日) 22:09:25 UID:none
今日は水換えをする予定でしたが、1日中雨でしたので明日の朝に順延しました。
2匹になった和金が、また大きくなっているような気がします。まったくこやつらは、スペースがあったらあっただけ大きくなりやがりまして、もはやえずくろしいです。
「えずくろしい」を標準語訳したらどの言葉にあたるのか、ちょっとわかりません。「むさ苦しい」とはまた違うんですよね。狭い場所で体の大きい男性がゴロ寝しているのを見た時の感想とかに使う言葉なんですけれど。「うっとうしい」「じゃまっけ」「見苦しい」が混ざったようなものかもしれません。

59: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/10/02(火) 21:27:36 UID:none
昨日今日と朝の水温は18℃でした。でもまだ餌減らしてません。もともとそうたくさんはやってないですし。
それにしても、小動物というのはどうしてこう狩猟本能を刺激するのでしょうか。金魚を見ていると、和むよりも「掬いてえーっ!掴みてえーっ!」という衝動が先にたちます。時々、水換えのついでにちょっかい出して、和金のおっぽを指でつまんでみたりして。鮮魚な感触がたまりません。防護網がかかってなかったら毎日でも手を出してしまいそうです。あの金網はノラ猫避けでも烏避けでもなく、間違いなく飼い主避けです。

60: 名前:エサ金の主◆2LxMRT5g投稿日:2007/10/06(土) 16:21:39 UID:none
観光産業に携わっている人たちには申し訳ないのですが、私は連休がキライです。
休日が増えても仕事の総量が減るわけではなく、休み分は前倒ししなくてはいけないので、連休が多ければ多いほど日常生活のゆとりが失われる結果になります。そんな3連休が期首期末に3回もあるおかげで、9月半ば以来ずっとバタバタです。昨日など部署を挙げて連休を呪ってしまいました。
週休2日制になった時も、丸1日分の業務量を残る5日に振り分けるために出勤日の拘束時間は30分延長され、日常の買い物さえ休日でなくてはしにくい状況になりましたし、一層仕事の速さを求められ精神的負担も増大しました。その上、今度は連休の増加ですよ。いい加減にしろって感じです。
自分たちが連休にしなければそれで済むというものばかりじゃないですしね。
きっと、月曜休日という法案に賛成した議員たちは、「休日が増えれば仕事の総量は減る」という誤った認識を持っているに違いありません。

sage:   
  名前: メール: (基本無指定、入れる場合は全角で)
  URL:
  本文: 質問の前にまず参照..病気の治療,飼育方法,金魚FAQ)

日記板トップへ ▲カッ飛び先頭   全レスを表示

 レス数30でのページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 [最新レス]



管理者 しげ 2chTypeBBS Ver.2.1 build 2 改造版  -- Ahhan ! BBS Ver 2.55 --
-- kingyo.info Ver.1.01 --