BBS:魚病薬について質問です
BBS:魚病薬について質問です

うちの金魚BBS飼育相談室9[0147:魚病薬について質問です]
ページ:1-3 
1: 魚病薬について質問です
01 : 名前:肇 投稿日:2009/09/28(月) 02:31:57
先日、尾ぐされ病の薬を買おうとショップへ行きました。
その時こちらのサイト様で、尾ぐされ病のお薬として仰られている「グリーンFゴールド(顆粒)」の他に、「アグテン」というマラカイトグリーン系のお薬を店員さんに勧めて頂きました。

実を言うと、どちらがどう違うのかよく分かりません(^_^;) 病魚の体力がかなり不安定(現在は安定しています)なので、できるだけ慎重に薬は選びたいです。
そこで、双方の薬の違いや、どちらの薬がより安全・効果的かを知りたいです。
どなたか親切な方、いらっしゃいましたらご返答お待ちしておりますm(__)m

02 : 名前:水徳◆pwaPEbXM 投稿日:2009/09/28(月) 10:19:29
こんにちは、水徳です。
グリーンFゴールド顆粒とアグテンでは、確かに全く成分が異なりますね (-.-;)
考えられる薬効にも、随分違いがあるように感じます。

グリーンFゴールド顆粒は、サルファ剤とフラン剤という2種類の抗菌剤で形成されています。
抗菌剤とは、主にカラムナリスやエロモナスといった病原菌が引き起こす対細菌感染症用の薬剤です。
2つの薬剤はそれぞれ細菌に対するアプローチが異なるので、多角的な薬効が期待出来るといえます。

アグテンの薬効成分は、おっしゃるようにマラカイトグリーンという色素剤です。
幅広い効能が謳われていますが、原生動物が原因の白点病・白雲病等や水カビに効果が高いかわりに、細菌感染症への薬効はあまり期待出来ないと考えるのが一般的でしょう。
マラカイトグリーンは発癌性があり、高水温下で使用すると魚毒性が飛躍的に高まることも付記しておきます。

ということで、普通尾腐れ病は細菌感染によるものである場合が多いと考えると、投薬されるならグリーンFゴールド顆粒を選択するのがセオリーですし 私自身もそちらをお勧めします。
ただいずれも決して弱い薬とはいえませんので、投薬は慎重に実施なさって下さいね。
また、どちらの薬剤も光で分解されて薬効を失う特性があります。
投薬後は、遮光しておく必要がありますので念のため^^

03 : 名前:肇 投稿日:2009/09/29(火) 00:58:53

>水徳様
回答ありがとうございますm(__)m
グリーンFが光分解されることは初めて知りました。薬の保管に気を付けたいと思います。
取り敢えず様子を見て、仰られる通りグリーンFを投薬しようと思います。
アドバイスありがとうございました。


Ahhan!BBS -- HTML化ツール(Ver.0.61) by うちの金魚 --