No.1184への返信

title
name
mail
url
img   JPG GIF PNG 300kb未満
message
password
cookie
 

お願いします。

はじめまして。
いきなりの投稿、失礼します。
検索で辿り着いたのですが、トップに行けないようでルールを読めておりません。
失礼・非常識な発言等あればご指摘下さると嬉しいです。

うちで飼っている金魚なのですが、病気のようなのです。
写真は撮影できなかったのですが、体表から、うろこがめくれるような感じでその隙間から白い綿のようなものが出ています。
数日前(3月17日ごろ)からうろこがめくれて出血しており、更にその部分が膨らんでいたので色々と検索してみたのですが、病名もわからず症状が悪化してしまったように思えます。
白い綿のようなものは大体12〜5mmくらいで、金魚が泳いでると時々途中で切れて落ちています。

●金魚の種類
 たまさばです。体色は最初は赤と白でしたが、徐々に退色してしまったようで現在は全身白です。

●飼育年数
 正確には覚えていないのですが、3年前後だと思います。旅行に行ったときに買った子です。

●体長
 尾びれを入れると15cmほど、入れないと8cmくらいです。

●水槽
 縦40cm,横60cm,奥行30cmの水槽に2匹飼っています。1匹はたまさばでもう1匹は金魚釣りで取ってきた子なので種類はわかりませんが(和金のようにも見えます)体長は尾びれを入れて15cmほどです。
 エアーポンプとろ過装置を入れています。室内なのと、両親があまり飼育に理解を示してくれないため金銭的な問題でヒーターはありません。

●水換え
 水槽が大きいので3週間に1度ほどしかしていません。水は綺麗そうですが、pHなどを測ったことはないので不安ではあります。

長くなりましたので下に続きます。
[1184] みやこ (2007/03/19 Mon 21:58)
 
 

Re: お願いします。

●その他
 水草を何種類かと、砂利を入れています。どちらもペットショップで購入したものです。(水換えの度に洗っています)

●えさ
 えさのやりすぎで以前たまさばを1匹転覆病で死なせてしまったため、3日に1度ほどに抑えています。沈む餌を5分で食べきるくらい与えています。

色々調べてイカリムシ病ではないかと思っているのですが、自信がありません。
本人はあまり傷口を気にする様子もなく、そこを擦りつけるようなしぐさも見せません。

明日から休みなので塩浴をしてやろうかと思っているのですが、その場合は0.5%でよいのでしょうか?
また、症状の出ていないもう1匹も一緒に塩浴をさせるべきですか?
その際ろ過装置は回してよいものなのか、絶食させるべきかなど、何もかも確信がもてなくて不安です。
どなたが助言を頂ければ幸いです。

長くなってしまってすみません…。
[1185] みやこ (2007/03/19 Mon 21:58)
 
 

Re^2: お願いします。

付け足しなのですが…
こちらの過去ログで背びれについての書き込みを拝見しましたので、背びれを観察してみました。
ピンと張っているときもありますが、もう1匹と比べると極端に張っている時間が短いです。
ほとんどふにゃっと寝てしまっている感じです。

また、ちょっと泳ぎをやめて留まっていることが多くなったように思います。
もともとのんびり泳ぐのが好きな子のようだったのでそれほど気にしていませんでしたが、症状が現れてからそれが顕著に出てきたというか…。
糞は黒っぽい緑のような(えさの色とほぼ同じ)色の1〜3cmほどの糞をしているようです。とくに目立った症状のないもう1匹と同じくらいです。
[1187] みやこ (2007/03/19 Mon 23:05)
 
 

Re^3: お願いします。

みやこさん返信が機能してなかったので今頃ですがお返事します。
ここの掲示板は出来た時からトップに行けないのですが、
webという青色の文字にリンク貼っておきますので見てください。
冬の間に繁殖したカビの種類の菌と、細菌とのダブルで攻撃された故今の状態になっています。
だからまずは水槽の菌の数を減らすために底砂利のおおざっぱな掃除は不可欠です。
その次には水も半分程度交換して体の表面が正常になるのを待ちたい所ですが、今の段階はもうそれだけで対処出来る時期を過ぎて(手遅れ)気味になっていますので治療が必要です。
治療の方法はいろいろありますが水を半分ずつ換えながら塩を水量に対して0.2〜0.5%個体差を観察しつつ殺菌が一番良いのではないかと思います。
水は痛んでくると治る病気も治らないし粘膜がはがれて水は汚れやすくなっていますので汚れたらすぐに交換して捨てた水の分と同量の水とそれに対しての同じ濃度の塩を加えるようにしてください。
室内で飼育であればヒーターで一定温度に保つのも体力回復の手助けになる場合があります。
ただ温度があがれば酸素が薄くなったり水も汚れやすくなったり菌が沸きやすくなったりしますので
水が汚れた時の対処が出来にくい飼育サイクルや手持ちでないということですので加温は不要かと思います。

餌は水が汚れると直接死につながりますので餌は基本的にはやらない方向で進めた方が良いです。
同居のもう一匹も塩のみであれば一緒に泳がせても問題ないと思いますが
魚の数が増えるほど水も汚れるのでもしスペースに余裕が有れば他に移動してください。
どちらにしても長年なんとなく飼育してると金魚のことは分かったつもりになっててもナカナカ把握できないので今回を機に少し勉強してみるのも良いと思います。もう手遅れでないことを願って...
[1196] ひとみ (2007/03/21 Wed 21:27)
 
web 
 

Re^4: お願いします。

ひとみさん、返信どうもありがとうございます。
HPにも行ってみましたが、本来はここではなくて飼育相談室にて相談すべきでしたね…すみません。

やはり菌の繁殖などが原因だったのですね…
昨日は結局時間がとれず、今日の朝から塩浴を始めました。
砂利も洗い、その間に今までの飼育水と新しく汲み置きした水半々を温度合わせしてから病魚を移し、0.5%の塩水にしました。
もう一方の金魚も消毒の意味を込めて一応0.5%で塩浴させました(バケツは別です)。
しかし、やっぱりバケツでは窮屈そうだったので結局夕方洗った水槽(砂利有り)に新しく水をはりカルキ抜きを入れて、0.4%の塩水にして2匹とも移しました。
エアーポンプは作動させたままですが、ろ過装置は念のため止めています。
たまさばも元気そうに泳いでるように見えますが、1週間ほどこのまま適宜ひとみさんのいうように塩浴・絶食させて様子を見ようと思っています。
1週間、ずっと0.4%というのは金魚の負担になりますか?

過去ログから、ひとみさんの博識ぶりにただただ感心するばかりでしたので、
今回うちの金魚のことでこんなに丁寧に返信いただけて本当に嬉しいです。
やはりなんとなく飼っているのではダメですね…今回のことで学習しました。
これからは毎日観察を欠かさず、もっと金魚に優しい飼い主になれるよう精進します。
目指せひとみさん、で頑張ります!
まずはたまさば完全回復ですね…。
[1197] みやこ (2007/03/21 Wed 23:07)
 
 

Re^5: お願いします。

すごい嬉しい。もたもたしてる間に悪化してたらと思って心配しました。たまちゃん復活して良かったですね。
きっとみやこさんのご心配ぶりもかなりなものだったと思います。そうですね。今度から普通の場合は相談室に行ったらと思います。

塩浴が負担かどうかの質問ですが、濃度とその個体差により負担な場合もありますので一概には言えませんが、塩一週間ぐらいなら負担にはなりません。
かえって塩を使っているために生物ろ過が機能しないことによる水の汚れの方がとても心配で、多くの場合は水を汚してしまい病気を治しきれず死なせてしまうようです。
だから治り具合を見て一週間待たずとも塩分を薄くしていくとか全く普通の水に戻しても良いと思います。

この後は気がゆるむところですが、砂利のバクテリアも殺菌されたことですし塩浴を終えてから再度立ち上がりの時は水が汚れやすくなってますから餌の量はぐっと我慢して控えたりいつもより水を頻繁に換えたりが必要になってくると思います。
軌道に乗るまでは気をつけてやってください。
しかし検索で私のハクガクがどんだけ出たんだか?恥ずかしいです、、私も頑張りますありがとう。
[1198] ひとみ (2007/03/21 Wed 23:55)
 
 
 

Re^6: お願いします。

ご心配、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

えさについてはしばらくは絶食の方向で(ちょっと太り気味なので)見て行こうと思っています。
塩浴も、1週間程度なら負担にはならないのですね。安心しました。
水の汚れには十分気をつけて、毎日観察しようと思います。

今日のたまさばなのですが、観察したところ悪化しているように見えます…。
血なのでしょうか、膨らんでいたところの赤みが濃く、広範囲になったような気がするのです。
背びれは昨日よりピンと張っていて、心なしか動きも活発になってきているような気がするので快方に向かっているのかと思いましたが…。
どちらなのでしょうか。あまりに赤いので不安です…。
何度も申し訳ないですが、またお返事頂けると嬉しいです。

神の域に達していると思いました(笑)本当に尊敬です。
[1201] みやこ (2007/03/22 Thu 14:32)
 
 

Re^7: お願いします。

赤みが強い時は細菌にやられていてそれが表層だけでなくちょっと入り込んでたりする場合もありますので
背びれがぴんと立って元気な風であるのなら思い切って手当しましょう。
イソジンのうがい薬を綿棒につけてチョンチョンとすると良いです。
翌朝には赤みが取れます。

ここでのポイントは赤みが多くなったということは殺菌がうまく出来てないということです。
チョンチョンで患部は快方に向かいますが水全体では菌がまだ居座っているのでやっかいです。
塩を0.5%まで増やす方が良さそうです。(金魚の様子を見て実施してください。)
一日の内に短時間塩浴を取り入れてみるのも良いですしヒーターがあれば手っ取り早く殺菌できます。
ただ前も書きましたように溶存酸素の減少をまねきますのでエアと水の汚れは気をつけてください。
(エアかけてても水が汚れてると中に酸素がとけ込まない水になります。)
その他の方法では、もし水あわせも十分に出来て観察も良くできそうなら水を全く交換して容器の壁も洗うと結構な菌数を撲滅できます。
治療中といえども水の交換は安易に行わず「水あわせ」はきっちりされることをおすすめします。
そうすれば全交換しても何もこわいことはありません。
しばらくはまだまだ大変ですが...
[1202] ひとみ (2007/03/22 Thu 20:10)
 
 
 

Re^8: お願いします。

ひとみさん、お返事頂いていたのに遅くなってしまってすみません。
イソジンが家になかったので24日に買いに行き、傷口の消毒をしました。
水槽も全部洗い直し、念のためイソジンを全体にかけた後また塩浴を開始しました。
元気な金魚もいるので不安で、まだ0.4%のままです。
今朝確認した感じでは赤み・膨らみ共にひいているようだったのでこのまま様子を見ようと思っています。

本当に御丁寧にありがとうございました。
また動きがあったら書き込みたいと思います。
[1204] みやこ (2007/03/25 Sun 11:45)
 
 

Re^9: お願いします。

イソジンの殺菌力はすごいですよ。
薬局に買いに行くのであれば同じ効果で他社が出しているポピドンヨード製剤という製品が大量なのに安いです。
病院に行く機会があれば風邪などの受診の際にイソジンもくださいと申告すればもらえると思いますから保険診療の分でもらえればこちらも安く手に入ります。

直接傷口に塗るのだけでなく水に微量といて薬浴させる方法もありますので
1本持っていると何かと重宝します。
治療で大変な時に丁寧なお返事をくださってありがとうございました。
めげずに頑張ってくださいね。またお会いするのは無い方が良さそうですが...それではまた。
[1205] ひとみ (2007/03/25 Sun 12:04)